米国の選挙は、デジタル通貨の覇権における中国の勝利を封印します

世界は金融戦争に従事しており、中国が勝利しています。 中国のデジタル人民元(デジタル通貨電子決済(DCEP)とも呼ばれます)は、まもなく世界中で使用される予定です。 中国人民銀行は、世界で最も先進的な中央銀行のXNUMXつです。 そのため、デジタル通貨の面では進歩していますが、米国連邦準備制度はそうではありません。

And now that Donald Trump and his “America First” policy has been defeated, China’s supremacy in the area of digital currency has been assured.

Joe Biden has not outlined a clear technology policy, let alone a digital currency policy. That will assure China the opportunity to increase its lead in the digital currency race. Maintaining the American position as the world’s superpower does not appear anywhere in Biden’s agenda. Back in 2015, as a vice president, Biden once made a toast to China:

「50年後の曾孫たちが、私たちが一緒に書いた美しい歴史を振り返り、語ってくれることを願って期待しています。」

In 1979, Biden traveled to China as a junior senator after President Richard Nixon normalized relations between the U.S. and China. During his visit to Sichuan University as Barack Obama’s vice president in 2011, he mentioned:

「私は1979年に信じてそう言いました。そして今、中国の台頭は中国の人々だけでなく、米国と世界全体にとって前向きな発展であると信じています。 中国の台頭は経済成長と繁栄を促進し、世界的な課題に共に取り組むことができる新しいパートナーを前面に押し出します。」

その間、中国は前進し、世界初のデジタル通貨を展開します。

関連する デジタル冷戦? アメリカと中国がブロックチェーンの覇権を争う

According to announcements, the administration of Biden and Kamala Harris is focused on the coronavirus, racial equality and climate change. In its foreign policy and American leadership plan, dubbed “The Power of America’s Example: The Biden Plan for Leading the Democratic World to Meet the Challenges of the 21st Century,” the word “digital” doesn’t appear once. In addition, Biden has long ties with China and has long been a proponent of its industrialization and growth into a world leader. When asked by a National Public Radio journalist if he as president would keep Trump’s tariffs on China, Biden shot back with a resounding “No.”

The Chinese yuan via the DCEP will become the dominant global currency. DCEP won’t only be successful because of the forward-thinking PBoC but also thanks to the fact that over 12 million Chinese people live outside of China — in fact, 2.5 million live in the United States. They could adopt the digital currency and spread the yuan globally.

彼らの助けを借りて、人民元は国際通貨になることができます。 人民元が世界中のそのような個人によって使用される場合、中国の通貨は米国の通貨主権を超えることができます。

関連する 中央銀行のデジタル通貨は水面下で死んでいる

現在の状況は、デジタルサービスへの依存度が高まっているCOVID-19パンデミックによって可能になりました。 米国で緊張が高まる中、中国は世界的な影響力を吸い上げる可能性があります。 連邦準備制度は、分散型台帳プラットフォームを実験して、その潜在的なメリットとトレードオフを理解しましたが、そのような通貨を採用するという決定的な決定を下していないようです。

関連する 中国と米国はお互いから学び、CBDCで協力しなければならない

Jerome Powell, chairman of the Federal Reserve, has said the U.S. government is not particularly concerned with speed when it comes to developing a central bank digital currency. Morgan Creek Digital co-founder Anthony Pompliano sounded the alarm on this slipshod approach.

Powell explained the U.S.’s slow-moving efforts:

「私たちはCBDCを発行する決定をしていません、そして私たちはまだ行われていない多くの仕事があると思います。」

パウエルは、CBDCを正しく構築することは、デジタル通貨競争に勝つことよりも重要であると示唆しました。 その間、中国は前進します。 Pomplianoは、これを米ドルに対する実存的脅威と見なしています。 「彼らは、おそらく、今後数年以内にXNUMXつを構築することについて話している」と、ポンプリアーノはCBDCに関するパウエルの最近のコメントについて述べた。 「これは次の数年のことではありません。」 彼が追加した:

「これは今のことであり、彼らが行動しなければ、すべてがアクセシビリティに帰着するため、米国は中国に大きく遅れをとることになるでしょう。」

ポンプリアーノ氏は、デジタル法定通貨へのアクセス可能性がこの新しいフィンテックフロンティアの勝者を決定すると述べた。 「私が世界のどこかに座っていて、インターネット接続を使用でき、グローバル通貨が必要な場合、人民元を取得できますか、それともドルを取得できますか?」

華やかさは正しいです。 米ドルの関連性は途方に暮れています。 しかし、時間は遅れています—おそらく遅すぎます。

ここで表明された見解、考え、意見は著者だけのものであり、必ずしもCointelegraphの見解や意見を反映または表明するものではありません。

アレックス・ザ ワンストップ暗号通貨サービスプロバイダーであるMXCExchangeのグローバルオペレーションのディレクターを務めています。 MXCの前は、OKExでシニアグローバルマーケティングマネージャーとしての経験を積みました。 アレックスは暗号通貨とブロックチェーン業界のベテランであり、ブロックチェーンと暗号通貨が現代の金融包摂の時代の到来を告げると信じている、マーケティングと運用に精通したスペシャリストです。 彼はシンガポール国立大学で修士号を取得しています。