IMFの弁護士は、CBDCを発行する前に中央銀行の改革を提唱しています

The International Monetary Fund (IMF) published a new working paper on Friday. This working paper was regarding central bank digital currencies (CBDCs) and their projected legal ramifications. In these papers, the researchers at the IMF are advocating for new legal definitions to be made for tokenized currencies.

CBDCに必要な新しい法律

Wouter Bassu and Catalina Margulis, legal counsel to the IMF, were part of the researchers that argued that the current legal frameworks in place aren’t capable of issuing CBDCs that are public-facing.

お金がすでにどのように定義されているか、そしてそれをこの新しいテクノロジーにどのように適用できるかについて、非常に懸念がありました。 幸いなことに、これらの研究者は、問題自体は修正するのに十分簡単であると強調しました:合法化。

特に、研究者は、アカウントおよび/またはトークンベースのCBDCの発行に関しては、確固とした明確な法的根拠は存在しないと説明しました。 これは簡単に改善することができますが、中央銀行の法改正を目標とすることで、調査は示しています。

CBDCの収益化に対する私的な脅威

新しい新聞はまた、いくつかの大胆な動きをし、法定通貨の発行に関して中央銀行の大多数がそれぞれの国で享受している独占に疑問を投げかけています。

これは以前は完全に問題ありませんでしたが、プライベートの安定したコインが違法になるため、問題になっています。

CBDCと同様の民間の安定したコインが発行された場合、それは深刻な混乱を伴う金融システムをもたらす可能性がある、とIMFは警告した。

IMFは、民間銀行が紙幣を発行した19世紀の出来事を引用しました。そこでは、これらの紙幣を実際の通貨に変換する義務を果たすことができませんでした。

すでにCBDCを調査している上位XNUMX社に必要な改革

そのため、金融法の再構成はさらに困難になるため、このペーパーは最終的に中央銀行に中央銀行法の改革を促しました。 ただし、これらの調査結果は、より基本的な質問のいくつかには答えていないことに注意してください。

これらの質問には、テクノロジーへのアクセスに関係なく、CBDCを一般の人々に受け入れさせる方法や、中央銀行がこのトークンを法定通貨と見なすべきかどうかが含まれます。

人民元、米ドル、英ポンド、日本円、ユーロのXNUMXつの最大通貨はすべて、それぞれのCBDC調査を開始しました。

イングランド銀行は、その指導者のXNUMX人にCBDCを「新しい金融秩序」と表現させました。 これはすべてうまくいっていますが、この種の話は避けるのが最善です。 そうでなければ、アルミホイルを身に着けている陰謀理論家はオーバードライブに入るでしょう。

出典:https://insidebitcoins.com/news/lawyers-from-imf-advocate-central-bank-reforms-before-issuing-cbdcs