マラソン石油、米国のXNUMXつの石油精製所を完全閉鎖

アーウィン・セバ

ヒューストン(ロイター)–マラソンペトロリアム<MPC.N>は、カリフォルニア州マルティネスとニューメキシコ州ギャラップにある800つの小規模な米国製油所を完全に閉鎖する計画で、燃料需要の低下に対応してXNUMX人の雇用を削減する予定です。

米国で最大の精製業者は、米国でのCOVID-19の発生による需要の低迷を受けて、以前は20つの施設を休止していた。 米国の精製業者は、平均して、車両と飛行機の落下により、総処理能力の約XNUMX%をアイドル状態にしました。

マラソンは、マルティネス施設を石油貯蔵施設として使用する計画であり、産業廃棄物と使用済み食用油から作られた燃料である再生可能ディーゼルの製造への将来の使用を評価していると語った。 マルチネスはカリフォルニアでXNUMX番目に大きい製油所です。

Refinitivのデータによると、同社は月曜日に第1.75四半期の1.73株当たり利益がXNUMXドルだったのに対して、第XNUMX四半期はXNUMX株当たりXNUMXドルの損失になると予測しています。

ロイターは先月、マラソンがスピードウェイのガソリンステーションネットワークの売却について交渉していると発表した。

マラソン株は金曜日に38.20ドルで取引され、今日まで38%下落した。

マラソンのスポークスマン、シド・バースは土曜日の閉鎖についてのさらなるコメントを拒否した。

約860人の従業員が161,000日あたり27,000バレル(bpd)のマルティネスとXNUMX-bpdのギャラップ製油所で働いています。 「これらの製油所でのほとんどの仕事はもはや必要ではなくなり、人員レベルの段階的な削減を開始する予定です」と同社は言った。

閉鎖により供給が途絶えることは想定されていません。 「当社は引き続き統合システムを利用して顧客のコミットメントに対応します」と同社はウェブサイトの声明で述べています。

(ヒューストンのGary McWilliamsとErwin Sebaによるレポート、Diane CraftとDaniel Wallisによる編集)

出典:https://finance.yahoo.com/news/marathon-petroleum-permanently-close-two-171758153.html