アンカレッジが最初のOCC承認の国立暗号銀行になります

Crypto custodian Anchorageは、米国通貨監督庁(OCC)からの国家信託憲章の条件付き承認を確保し、米国で最初の国家「デジタル資産銀行」になりました。

The safekeeping, management and trading of digital assets have been regulatory stumbling blocks for large financial institutions – but those obstacles are gradually being removed. The OCC, a part of the Treasury Department charged with keeping banks safe but also competitive, has now issued three interpretative letters that lay the groundwork for banks to custody crypto, participate in blockchain networks and become payment providers using the tech.

“In granting this charter, the OCC applied the same rigorous review and standards applied to all charter applications,” the bank regulator said in a statement. “By bringing this applicant into the federal banking system, the bank and industry will benefit from the OCC’s extensive supervisory experience and expertise.”

「私たちは国立銀行です。 唯一の違いは、私たちのビジネスラインです。私たちは暗号資産を行っているのと他の資産を行っているのです」とアンカレッジのディオゴモニカ社長はインタビューで述べました。 「連邦公認銀行を持つことの利点は、それがすべての州法に優先することです。 米国の銀行の最も古い規制当局によって規制されていることの明確さは…非常に明確なメッセージを送ります。」

水曜日の初めの公開イベントで講演したOCCのチーフ代理であるブライアンブルックスは、銀行と金融サービスがより広くブロックチェーンベースに移行するという彼の信念を表明しました。

「必要なのは、法定通貨の価値を反映する安定したコインを保持できる暗号通貨を作成することですが、それはネイティブ資産を変更しません。ここで、それぞれと直接相互作用する実際の暗号通貨が必要です。その他、ランプを外す必要はありません」とブルックス氏は述べています。 「フィアットは、最終的には過去の遺産となるでしょう。」

アプリケーションプロセス

Anchorage’s trust company unit first applied for a national charter from the OCC last November, and it joins Kraken and Avanti in being crypto-native banks, although the latter two are special-purpose depository institutions organized under Wyoming state law. Fellow crypto startups BitPay and Paxos have also applied for federal charters through the OCC.

新しい銀行は、この夏から規制当局を率いるブライアン・ブルックス通貨監督庁の後援の下で案内されています。 これは、暗号業界を従来の銀行業界に近づけるための数か月にわたる取り組みの要です。

ブルックスは水曜日のイベントで、「ブロックチェーンは基本的に、ネットワーク間での価値の取引を可能にしているため、銀行業務を行っている」と述べた。 「彼らは[ちょうど]直交して異なる方法でそれを行っています。」

彼の在職期間中、Coinbaseの元顧問弁護士であるブルックスは、暗号のスタートアップは州レベルではなく連邦の枠組みの下でより適切に規制される可能性があるという彼の見解を表明しました。

「私たちはこの国で150年間デュアルバンキングシステムを持ってきました。 州によってチャーターされた銀行は非常に多く、焦点を当てているものに適したビジネスモデルであるためです」とブルックス氏はXNUMX月にコインデスクに語った。 「地元や地域のビジネスに焦点を当てているのであれば、州憲章を持つことは理にかなっています。 国内事業に焦点を当てているのであれば、国内憲章を持っている方がおそらく理にかなっています。」

アンカレッジの顧問弁護士であるジョージア・クイン氏は、スタートアップがすでにサウスダコタ州で登録信託会社として運営されていたため、全国憲章の申請プロセスが容易になったとコインデスクに語った。

「私たちはすでに国の公認銀行であり、すでに営業履歴があり、関連する多くの手続きとポリシーが実施されていたため、新規の申請ではなく、国の信託を国の信託に転換しただけでした。 、" 彼女は言いました。 「私は、すでに信託会社として運営されていることから得た利点を十分に強調することはできません。」

メリット

Granting crypto companies a bank charter has been a stated goal for Brooks since May, when the then–First Deputy Comptroller told an audience at CoinDesk’s Consensus: Distributed that in his view, “it looks a lot like crypto is banking for the 21st century.”

利点は明らかです。企業が49の州送金業者ライセンスを少しずつ申請することを要求するのではなく、全国憲章により、企業は全国で一度に事業を行うことができます。 

また、アンカレッジは新しいサービスを開発できると、モニカと共同創設者のネイサン・マッコーリーはコインデスクに語った。

「それは、貸付、ステーキングなどの暗号サービスを提供する暗号ネイティブの会社があり、今では実際に金融システムのコアに直接接続することが許可されていることを意味します」とモニカは言いました。 「私たちは外に出て、あらゆる種類のビジネスを行うことができます。金融機関が今日できるラップされた資産ですが、暗号資産に支えられています。」

アンカレッジは、その新しい連邦公認銀行が「資格のあるカストディアンの定義を明確に満たす」と発表に伴うブログ投稿で述べました。

Qualified custodians are legal entities in the U.S. that maintain client funds and hold securities in specific, defined ways. Federal regulators like the Securities and Exchange Commission (SEC) can designate entities as qualified custodians, while state regulators cannot. 

Crypto companies have long had issues becoming qualified custodians, due to questions about how digital asset service providers can comply with aspects of the Securities Investor Protection Act of 1970 – specifically, how brokers can prove that no other entity has access to its own private keys. 

モニカ氏は、暗号化キーの管理に関する疑問は解消され、年金基金などの最大かつ最もリスクを嫌う投資家がこの分野に参入する道を開くだろうと語った。

「リスクを冒して最先端を行くために支払われる暗号通貨ファンドとヘッジファンドとVCの他に、リスクを冒さないために支払われる大規模な機関があります」とモニカは言いました。 「これは、すべての疑問が解決され、白黒になったことを意味します。」

ブロックチェーン協会のロビー活動グループの事務局長であるクリスティン・スミス氏はこのニュースを歓迎した。

「本日の発表は、銀行が暗号通貨に関与できるだけでなく、暗号通貨会社が銀行として機能できるという認識です」とスミス氏は声明で述べています。 「これは、金融サービスシステムの完全な近代化に向けたこれまでで最も重要なステップです。」

ドアから出て

The news comes as Brooks is rumored to be planning his departure from the federal regulator later this week. While Brooks has been nominated to serve a full term heading up the agency by President Donald Trump, it is expected that incoming President Joe Biden will pull the nomination.

ブルックスが監督した手紙の多くに対して、すでに立法者の反発があり、ハウスファイナンシャルサービス委員会の議長であるマキシンウォーターズ議員(D-Calif。)は、バイデンに彼の候補者が多くのトランプ時代の規則や規制を取り消すことを保証するよう求めています、 OCCの最近の暗号ガイダンスのすべてを含みます。 

連邦憲章は、ブルックスの後継者が覆すのがより難しい問題のXNUMXつです。 

バイデンがOCCを率いるために誰をタップするかは不明です。 次期大統領は、元連邦準備理事会のジャネット・イエレンを財務長官に指名すると発表した。 上院財政委員会は、バイデンが宣誓する前日の19月XNUMX日に彼女の確認聴聞会を開催します。

イエレンまたはバイデンは、誰かがXNUMX年間の任期を全うするように指名されるまで、代理店を率いる会計監査役を指名することができます。 ブルックスは当初、現在の財務長官スティーブン・ムニューシンによってOCCに任命されました。

バイデンは、元商品先物取引委員会のゲイリー・ゲンスラー委員長をSECのリーダーに指名したと報じられており、おそらく規制緩和にあまり焦点を当てていない人物を探す可能性があることを示しています。 

出典:https://www.coindesk.com/anchorage-becomes-first-occ-authorized-national-crypto-bank