Conduit、次のレベルのブロックチェーン ソリューション向けに L5 を開始

Conduit は、ブロックチェーン技術の大幅な進歩である L5s のリリースの成功を誇りを持って紹介し、画期的なスケーリング ソリューションを提供します。既存のテクノロジーとは異なり、この革新的な適応により、ブロックチェーン層に新しい展開メカニズムが提供され、ユーザーと開発者はより簡単でスムーズなエクスペリエンスを実現できます。

L5 を含めることにより、 コンジット は一歩前進し、ブロックチェーン スケーリング分野のリーダーに躍り出ています。 Conduit アプリを使用すると、数回クリックするだけで、L2 レベルから L5 レベルにレイヤーを追加できます。したがって、エンドユーザーは決済層として L4 ネットワークを選択する必要があります。これにより、既存のブロックチェーン インフラストラクチャに簡単に統合できます。

ただし、L5 については疑問が残ります。L1 とは何ですか?これらはイーサリアムのスケーラビリティのはしごの XNUMX 番目の層として立っており、それぞれがその直下の層に影響を及ぼし、最終的にベース層としてのイーサリアム LXNUMX に到達します。この階層により、ブロックチェーン エコシステム全体でのより高いスケーリング、速度、効率、有効性が可能になります。

Arbitrum Goerli や OP Mainnet などのレイヤー 2 ネットワークは、さまざまなアプリケーションに手頃な価格で高速なサービスを提供する一般的な目的のレイヤーです。 Stack や Proof of Play などの L3 ネットワークが Apex チェーンになる目的は、単一アプリケーションのスケーラビリティを把握し、特定の要件に特化したソリューションを提供することです。 L3 ネットワークとは対照的に、L4 ネットワークは L3 上に開発され、一部のブロック スペースをアプリケーション専用にします。したがって、アプリケーションのパフォーマンスとスケーラビリティが向上します。

L5 の導入により、ブロックチェーン開発に新たな地平が加わり、専門化とパーソナライゼーションにおけるさらなる多様性が生まれています。 L4 チェーンと L5 チェーンが L4 プラットフォーム上で連携できる方法の 4 つは、L4 親チェーン上の既存のインフラストラクチャとビジネス ネットワークを活用することです。これらのさまざまな連携により、開発者は LXNUMX ネットワークの流通チャネルとサポーターを効果的に利用でき、最終的にはより集合的にサポートされ結合されたブロックチェーン環境を構築できます。

Conduit は、新しいブロックチェーン レイヤーの導入をはるかに簡単にしただけでなく、開発者がブロックチェーンの世界で革新し、新しい製品を作成するためのプラットフォームも提供しました。同社は、Conduit L5 チェーンを通じて、より多様で柔軟なブロックチェーン システムのフレームワークを提供し、アプリケーションがより効率的かつ効果的に提供され、ブロックチェーン コミュニティ全体のニーズに対応します。

ブロックチェーン技術の絶え間ない進歩により、未来はエキサイティングです。 Conduits L5 の立ち上げのような取り組みは、スケーリングとアプリケーション開発の可能性について私たちが認識しているものを変えることになります。このような進歩を導入しながら、コンジットはブロックチェーン技術の新時代の調子を整えようとしています。ブロックチェーン技術はこれまでよりもはるかに簡単かつ柔軟になり、より活発で架橋されたブロックチェーンの未来の出現を促進します。

出典: https://www.cryptonewsz.com/conduit-launches-l5-for-next-level-blockchain-solutions/